お電話によるお問い合わせ

086-466-3830

  院長のブログ

診療時間

午前     :月火水木金9:30〜13:00        土9:00~12:30
午後 :月火水金15:00〜19:00          土14:00~17:00
休診日:木曜日午後、日曜日、          祝日

住所

しばさき歯科医院
〒710-0806
岡山県倉敷市西阿知町西原940-1

086-466-3830

一般歯科

 

 


一般歯科治療について(むし歯と歯周病)

むし歯の治療について

むし歯で出来た穴が浅く歯髄が健全な場合、通常、むし歯になった部分をけずってうめていきます。

その埋め方には、大きく分けて2種類の方法があります。

 

削ったところに樹脂(光重合レジン)を埋める方法歯型を取って埋める方法です。

 

削ったところに樹脂(光重合レジン)を埋める方法

   むし歯で出来た穴が浅く歯髄が健全な場合、むし歯を削った穴に柔らかい練り物を詰めて、固まった後で形を整える修復方法です。材料は光重合レジンを使用します。

 プラスチック(レジン)を績める治療の流れ   

 ①悪いところを削り取る⇒②詰める⇒③照射⇒④研磨

 
 

歯型を取って埋める方法

 

型を取って詰め物を作製します。これをインレーといいます。奥歯のかみ合わせ部分全体がむし歯になってしまった場合(むし歯が歯頸部に及んでいないとき)につくる詰め物をアンレーといいます。

インレーやアンレーは、型を取ってから詰め物を作製するので治療は1日で終わりというわけにはいきません。

インレーやアンレーは作製する材質によって、健康保険でできるものとできないものがあります。詳しくは当院にご相談ください。

 

 

 

  

 

   銀色の金属・・・金銀パラジウム合金という合金で作製します。酸化して黒く変色したり、アレルギー反応を起こす場合があります。健康保険で治療できます。

 

 

   金色の金属・・・健康保険は使えませんが、天然歯に近い硬さのため適合性に優れています。また、アレルギー反応もありません。

 

 

 

 

   歯と同じ色の材質・・・健康保険は使えませんが、歯と同じ色なので、見た目が自然で美しい仕上がりになります。

 

 

 

 

歯周病の治療について

  人が歯を失う最大の原因はむし歯と歯周病です。むし歯も歯周病もお口の中にすむ細菌によって引き起こされる病気です。ところが、痛くなったり、見た目でわかりやすいむし歯に比べて、歯周病はわかりにくい病気です。

歯周病は、若い世代にも確実に増加しています。

調査によれば、日本人の35~44歳の85%、45~54歳の88%が歯周病にかかっているという結果がでており、歯周病の初期の病気である歯肉炎には、15~24歳でも、約50%の人がかかっていると言われています。

では、いったい歯周病はどんな病気なのでしょうか。

歯周病は歯の病気ではなく、歯肉(歯ぐき)、歯根膜、歯槽骨(あごの骨)など、歯を支えている土台(歯周組織)の病気です。

お口の中には、数百種類、数千億個の細菌がおり、歯周病菌もその仲間です。

歯垢(歯についた汚れ)を絶好の棲家にしてどんどん増えます。

歯周病は、まず歯肉が炎症を起こす歯肉炎から始まります。歯肉に炎症が起きて、腫れると、歯と歯肉との間の溝(歯肉溝)が深くなります。

これを歯周ポケットと言います。歯周ポケットには、歯垢がたまりやすく、かつ取り

除きにくくなります。また、歯周ポケットの奥には、酸素が届きにくいにくいので、

酸素が苦手な歯周病菌が繁殖しやすくなります。

歯肉炎を放置すると、炎症がセメント質や歯根膜まで広がり、歯周炎と呼ばれる状態になります。さらに、放置すると、炎症は歯槽骨にまで達し、骨がとけていきます。そして、ついには、土台を失った歯が抜け落ちてしまうのです。

それでは、歯周病にならないためにどうすればよいのでしょう。

そのためには、歯周病の温床である歯垢をためないことが第一です。まずは、

 自分で行うお口の中の清掃、つまり歯みがきです。

さらに大切なことは磨き残しをしないことです。歯の形や歯並びは個人差があるので、みがいているつもりでもみがけていないことが多いものです。

ぜひ、自分にあった歯ブラシの選び方や正しい使い方のアドバイスを受けて下さい。

PMTCについて

歯ブラシで毎日しっかり手入れをしていても、歯周ポケットの奥を掃除したり、

硬い歯石を取り除いたりすること自分ですることは不可能です。そこで必要なこと

は、歯科医院でPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング

です。

つまり、プロ(歯科医、歯科衛生士)によるお口の清掃です。

PMTCでは、セルフケア(自分で汚れをとること)でとれない汚れを専用器具、

ペーストを使って丁寧に取り除きます。

個人差はありますが、1~3カ月に一度が目安です。

 

 

 

\